【東京】中谷元・防衛相は15日午前の会見で、国が県に打診した米軍キャンプ・シュワブの陸上部分の工事について、造成工事と隊員宿舎の建設を想定していることを明らかにした。同日午後に沖縄防衛局が県に詳細を説明する。

中谷元防衛相

 中谷防衛相は再開する工事は施設の再配置であるとし「埋め立て工事と直接関係のない、陸上の宿舎建設は実施しても許されるのではないかという認識で申し入れた」と説明した。県の賛同については「和解の当事者である県側との認識が異なることがないように、丁寧に説明して適切に対応して参りたい」と述べるにとどめた。