高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第10日は16日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、美里工業が7―4で小禄を下し、決勝に進んだ。

 美里工は4―4の六回表1死三塁、1番浦崎竜平がスクイズを決め、勝ち越しに成功した。七、九回にもスクイズで追加点を挙げて突き放した。

 最終日の17日、同球場で甲子園切符を懸けて嘉手納と対戦する。