沖縄と日本本土から海兵隊が撤退する時が来た-。 米海兵隊の機関誌「マリン・コー・ガゼット」に海兵隊少佐の論文「沖縄からの撤退」が載ったのは、1976年のことだった。 論文は、ベトナムから引き揚げた米軍は欧州や北大西洋条約機構(NATO)に注意を向けるようになり、危機管理計画を見直したと指摘。