日本気象学会沖縄支部(大島広美支部長)は8月3~5日に開催する「子ども気象学士教室」の受講者を募集している。対象は県内の小学5、6年生。共催はFMとよみ、日本気象予報士会沖縄支部、沖縄気象台。

子ども気象学士教室をPRする沖縄気象台職員=15日、那覇市・沖縄気象台

 気象台職員や気象予報士を講師に、地震、津波、台風の仕組みを学ぶほか竜巻や火山噴火の実験などもある。教室では「子ども気象学士」認定試験を行い、合格者は認定書とバッジがもらえる。

 教室は午前9時から正午。場所は沖縄気象台(那覇市樋川)。定員は20人。参加費無料。応募はFMとよみのホームページ上で必要事項を記入するか、申込用紙をダウンロードして郵送かファクスで申し込む。締め切りは22日。

 問い合わせはFMとよみ、電話098(850)5517。