米軍嘉手納基地周辺の河川や北谷浄水場から残留性有機汚染物質のフッ素化合物PFOS(ピーホス)が他の地域より高濃度で検出された問題で、沖縄県企業局は20日、同浄水場の水源となる比謝川からの取水を5月27日以降、停止していることを明らかにした。

 期間は未定。県は米軍側に立ち入り調査を求めているが、許可されていない。