第12回国際小島嶼(とうしょ)文化会議が6月16~20日、那覇市の沖縄県立芸術大学であった。16日は音楽家の宮沢和史が1992年発表の「島唄」の曲と歌詞に込めた二面性の意味合いを海外識者たちに語った。

「島唄」のメロディーと歌詞に込めた意味合いを解説する宮沢和史=那覇市・県立芸術大学

 宮沢は、同曲を歌詞の部分によって琉球音階と普通の音階を使い分けた背景を説明。男女の恋の歌のようだが、実は沖縄戦の情景や歴史的に被支配地域だった島のありさまを歌にしたことを解説した。

 宮沢は「歌の発表時はバブルまっただ中。戦争の歌なんて売れるわけない。だからダブルミーニングの歌を作った。年を経るごとに真意が伝わってきた」と解説した。

 同会議は島しょ地域を抱える国で毎年開催されており、県内では初めて。地域の芸能や文化を研究する大学研究者ら向けの発表があった。