【東京】米軍キャンプ・シュワブ陸上部分の工事について、中谷元・防衛相は21日、沖縄県との協議を終えたとの認識を示した。政府は近く工事を再開する方針。防衛省で記者団に答えた。

 中谷防衛相は、政府・沖縄県協議会で、県側から陸上部分に関する政府の見解をただされたとし「陸上部分は(新基地建設に関する)埋め立て工事と直接関係ない。今後速やかに工事を再開したいと伝えた。県からはなにも返事がなかった」と述べた。

 県幹部は「和解条項に従って国は工事を止めている。工事再開は条項を無視するもので、絶対に容認できない」と語った。

 作業部会で政府は陸上部分の工事再開を県に打診した。15日に沖縄防衛局が県に隊舎やレクリエーション施設、コンクリートプラントなどの建設事業を再開したいと説明していた。