東村高江の取材中、警官と言い争いになった。ヘリパッド建設現場の手前で検問を繰り返している。「免許証の提示を」「どこに行きますか」「何をしに?」。抗議参加者への露骨な嫌がらせだ

▼出くわして取材しようとすると、執拗(しつよう)に妨害してくる。福岡県警の現場責任者は「会社に連絡しますよ!」と激高。「お願いします」と言ったら変な顔をして黙っていた。こんな脅しが効く記者がいるのか

▼とにもかくにも取材はできた。若い警官に「皆さんとけんかしに来たわけじゃないんですよ」と話し掛けると、「こっちも…」と同じ言葉を返してくれた

▼現場で市民の思いを聞くことはできても、政府側はなかなか難しい。わずかに警視庁の警官が「帰ってここの現状を伝えたい」と語っていた。沖縄防衛局の職員も「反対する住民の気持ちも分かる」と葛藤を明かしてくれた

▼政府は内部にいる個人の思いなど押し流し、強権をかざしている。沖縄を力でつぶす。理屈は後から。中には上司の制止すら聞かずに暴力を振るう警官、笑いながら市民のテントを片付ける防衛局職員もいる

▼それでも現場で汗を流し、熱中症寸前になっている者同士、個人として最低限の共感と敬意を持ちたいと思っている。最も批判されるべき人たちは、エアコンの効いた部屋の中で方針を決めている。(阿部岳)