【東京】東京都内の今井絵理子さん(32)の選挙事務所には午後7時半から、支持者らが続々と詰め掛けた。午後8時すぎ、テレビが早々と当選確実を伝えた瞬間、「よっしゃー」と歓声が上がった。

比例代表で当選を決め、長男礼夢君(右)が書いた絵馬を手に喜ぶ自民党の今井絵理子氏=10日夜、東京都中央区

 その10分後、今井さんは聴覚障がいのある息子の礼夢君(11)と一緒に登場。大きな拍手や「おめでとう」の掛け声を受けながら壇上に上がり、万歳で喜びを爆発させた。

 「SPEEDの『スターティング・オーバー』という歌が心に流れている」と切り出し、「終わりは始まりという音楽。これから始まるスタートラインに立たせていただいた」と支援に感謝した。

 政治の世界に進むきっかけとなった礼夢君には、手話を交えて直接語り掛けた。「ママは一生懸命、礼夢や障がいのある人たちのために真剣に取り組んでいく。頑張っている姿を見といて」と、目を潤ませながら語った。「多くの人に希望を持ってもらえるよう頑張る」と決意を語ると、ひときわ大きな拍手が送られた。