ケイ藻などの微細藻類を大量に培養し、糖尿病や肥満に効く有効成分「フコキサンチン」を高純度で精製する独自技術を持つバイオベンチャー企業の「ファイトロックス」(うるま市、伊藤史紘代表取締役)が来年1月から本格生産に入る。8月にプラントを増設し、2018年度のフコキサンチン生産量を現在の3倍に増やす。