沖縄尚学高校の生徒が参院選に先立って実施した模擬投票の開票作業が12日までに行われ、実際の選挙では涙をのんだ島尻安伊子氏(51)が443票で“当選”した。伊波洋一氏(64)は392票で次点、金城竜郎氏(52)は196票だった。

島尻安伊子氏

 模擬投票は4日にあり、1~3年生の1107人の生徒が参加。白表・無効票は76票だった。開票作業は、同校の生徒会と那覇青年会議所のメンバーが合同で実施した。

 同校は「先入観の少ない高校生の感覚が反映されているのでは。必ずしも争点や政策をぶつけ合う内容ではなかったため、華やかさや親近感という点で島尻さんが一枚上手だったのかもしれない」と話している。