お皿に仲良くのったフライドチキンとワッフル、シロップを、一緒に口に入れてみる。塩気と甘み。意外な組み合わせのおいしさを発見できてうれしくなる一品だ。

人気メニューの2ピースチキン&ワッフル(手前)と、(奥の右から)チキンガンボスープ、ソーセージマカロニ&チーズ、ワッフル

CC's Chicken&Wafflesの場所

「これからお店を増やして東京にも出したいな」と話すオーナーのダゲット・コーディーさん(左)と、妻の金城千鶴さん=北谷町宮城

人気メニューの2ピースチキン&ワッフル(手前)と、(奥の右から)チキンガンボスープ、ソーセージマカロニ&チーズ、ワッフル CC's Chicken&Wafflesの場所 「これからお店を増やして東京にも出したいな」と話すオーナーのダゲット・コーディーさん(左)と、妻の金城千鶴さん=北谷町宮城

 「チキン&ワッフル」は、アメリカでは定番の人気メニューなのだそう。とはいえ、日本ではほとんどなじみがない。シロップの素材を調整して甘さ控えめにしたり、チキンに唐揚げの味付けを取り入れたり。米オレゴン州出身のオーナー、ダゲット・コーディーさん(35)は、「日本人も米国人も好きな味」にしようと工夫を重ねてきた。

 サーフィンやダイビングでにぎわう宮城海岸にオープンしてから1年半。妻の金城千鶴さん(37)が「未知の世界の食べ物」と驚いたチキンとワッフルを目当てに、近くに多い米国人だけでなく、日本人もひっきりなしに訪れる。

 チキンは骨付き、もも、骨なしの3種類。ワッフルとチキン一つで700円、チキン二つは900円。すべて自家製で注文が入ってから焼くため、「ちょっと時間がかかる」(ダゲットさん)。ワッフルは別料金でホイップクリームなどのトッピング、ベーコンやブルーベリー入りなどにもできる。

 サイドメニューは、チキンガンボスープ(400円)、ソーセージマカロニ&チーズ(550円)など20種近くと充実。10代のころからイタリアンや和食など料理の世界で生きてきたというダゲットさんの腕が発揮されている。

 ちなみに「チキン&ワッフル」に正しい食べ方はないそうで、お好みでチキンとワッフルを別々に食べてもいい。

 「デザインは全部、私」と誇らしそうなダゲットさんが手作りしたテーブル、ベンチ、店内の内装も注目。沖縄市のミュージックタウンに6月、2号店を開店したばかりだ。(中部報道部・下地由実子)

 【お店データ】北谷町宮城1の68。営業は月~木が午前9時~午後3時、午後5~9時半。金、土は午前9時~午後3時半、午後5~11時。日は午前9時~午後5時。カウンター、テーブルで25席。電話098(979)9008。