沖縄県産マンゴーの販売促進に向けたセレモニーが「マンゴーの日」の15日、豊見城市のJAおきなわ食菜館「とよさき菜々色畑」で開かれ、生産者や県、市関係者らが旬のおいしさをPRした。会場では試食や特価販売、市内の保育園児のダンスもあり、多くの来場客でにぎわいをみせた。

試食のマンゴーをおいしそうにほおばる、めぐみの森保育園の園児ら=15日、豊見城市・JAおきなわ食菜館「とよさき菜々色畑」

 今年のマンゴーの県内生産量は天候不順の影響で、前年比3割減の約1300トンが見込まれる。JAおきなわ果樹協議会の赤嶺智英会長は「少ないマンゴーを丁寧に育てた結果、見栄えが良く、糖度も高くなった。自信を持ってお届けしたい」とPRした。

 県農林水産物販売促進協議会の大城勉会長は「安全、安心でおいしいマンゴーを消費者へ届け、全国へアピールしていく」と力を込めた。

 豊見城市は県の拠点産地第1号。マンゴーの日は2000年、出荷最盛期に合わせて7月15日に制定された。