ここ最近、西海岸のタマンやガーラ(ロウニンアジ)情報が充実していると感じた与古田真市さん。7日の日没後、星空の下で弟と2人で読谷海岸の岩場ポイントに到着。釣り場を広く探るため、合計3本の竿(さお)を一定間隔で扇状に投げ込んだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。