県内にある子ども食堂でことし、それまで頻繁に通っていた子どもがまったく姿をみせなくなった。食堂ではよく食べ、よく遊ぶ子だった。 食堂の代表者がこの子の友達や地域住民に聞いてみると、家族から「あの場所に行かないで」と子ども食堂への出入りを禁止され、来たくても来られない様子だという。