沖縄総合事務局は15日、那覇、石垣、平良3港の2015年の国内コンテナ取扱貨物量(速報値)で、いずれも調査を開始した2000年以降、最高値を記録したと発表した。那覇港は44万4千個で前年比約1万9千個増、石垣港は5万5千個で同約2千個増、平良港は4万7千個で同約6千個増だった。