【豊見城】「沖縄お化け屋敷2016 恐怖のかくれんぼ屋敷」(主催・沖縄タイムスサービスセンター、共催・沖縄タイムス社)が16日、豊見城市の沖縄アウトレットモールあしびなーで開幕した。家族連れや友人同士ら多くの人が「キャーッ」「もういやーっ」と悲鳴を上げ、暑い夏に肝を冷やした。

暗闇の中から突然現れるお化けに驚く家族連れ=16日、豊見城市・沖縄アウトレットモールあしびなー2階特設会場

 友達とかくれんぼをしたまま姿が見えなくなった「すずちゃん」を探すという設定。薄暗い照明が照らす子ども部屋やクローゼットのある室内で突然、血まみれの少女姿のお化けが現れると、来場者は悲鳴を上げた。仲間5人で訪れた南城市立佐敷中学校3年の具志堅貴和さんと玉城栄人さんは、お化けに追い掛けられて思わず抱き合ったといい、「めっちゃ怖かった」。外間蒼さんは「近づかれたときは、死ぬかと思った」と話した。

 イベントは9月19日までで、料金は一律千円。日曜祝祭日は午前10時半~午後7時半、月曜~木曜は午後0時半~同6時半、土曜は午前11時半~午後7時。金曜は休演。問い合わせは沖縄タイムスサービスセンター、電話080(6488)6205。