【石川達也通信員】玉城流小太郎会ブラジル支部(大嶺初枝支部長(67))は3日、サンパウロ市の沖縄県人会館で同支部10年ぶりの発表会「第7回琉球舞踊発表会」を開催した。大嶺支部長の就任以来初の発表会。会場いっぱいの約450人が来場した。

終演後の舞台あいさつで来場者に感謝する演者ら

 野村流音楽協会ブラジル支部ら4団体の合同演奏で幕開け。開会式では新城盛春実行委員長、島袋栄喜ブラジル沖縄県人会会長が発表会の開催を祝福。玉城流小太郎会本部から届いた高宮城文子二代目会主の祝辞を紹介した。

 傘下10の舞踊道場とゲストのレキオス芸能同好会エイサー太鼓が全24演目を披露。最終演目の「七福神」では、舞台に大きな宝船が設置され、大嶺支部長ら師範が七福神を生徒の子供たちがその眷属(けんぞく)を演じた。七福神が子供たちと宝船に乗る場面には「子供たちこそが宝物。皆で一緒に未来へと進んでいく」という大嶺支部長の思いが込められている。

 その後、会場全体でカチャーシーを踊り、笑顔で無事の閉幕を祝った。

 うるま市出身の大嶺支部長は「みんなが一生懸命になって発表会を成功させてくれた」と感謝し「これからも頑張っていきたい」と一層の精進を誓った。孫が同舞踊教室に通っている県系2世の赤嶺ツネコさん(75)は「とても感動した」と賛辞を贈った。