準決勝までの全5試合で2桁安打と強力打線で勝ち進んだ美里工業が、嘉手納のエース仲地玖礼に6安打と抑え込まれた。投げては3投手が16安打を浴び、神谷嘉宗監督は「圧倒的に力負けした」と完敗を認めた。 2-0で迎えた一回裏、先発の漢那憲琉が5安打を浴びて逆転を許したところで降板した。