【与那国】3万年前の航海を再現・検証しようと、国立科学博物館のプロジェクトチームは17日午前7時ごろ、当時の舟を模した草舟で与那国町のカタブル浜を出航した。旧石器時代の台湾からの渡来を再現する実験航海の第1弾で、手作りの草舟2隻「どぅなん」「シラス」で約75キロ先の西表島を目指す。

3万年前の航海を検証するため、西表島に向けて出航する国立科学博物館チームの草舟=17日午前、沖縄県与那国島

 当初は全行程を人力でこぎ通す予定だったが、うねりや潮流が強いため途中でこぐのを中断し、安全のため伴走していた船によるけん引を始めた。乗っていた計14人も伴走船に移動。18日朝にも人力での航行を再開するか検討する。チームは「うねりや潮が強い中での夜間航行は危険だと判断した」と説明。18日午後の到着を目指す。

 与那国島や西表島に住む20~40代の男女14人が舟に乗り込み出航。町民ら約70人が見守り、波を越えるごとに拍手や歓声が上がった。(金井瑠都通信員)