最終回、最後の打者を空振り三振に仕留めると、それまで表情が変わらなかったエース仲地玖礼がマウンド上でガッツポーズした。 序盤は制球が乱れた。「投げたい球を投げられず、苦しかった」とストライクが入らず、ボール球が先行。