【八重山】3万年前の人類が沖縄に渡ったとみられる航海を再現・検証する国立科学博物館のプロジェクトで、与那国島を17日朝に出航していた草舟2隻が18日午前11時ごろ、約75キロ先の目的地・西表島に到着した。出発時から潮流の強さに苦しみ、人力による航海を17日午後に断念。伴走船がえい航し、18日午前7時前、西表島近海から再び人力でこぎ始めた。

与那国島を出航し、目的地の西表島に到着した草舟=18日午前(3万年前の航海徹底再現プロジェクト提供)

 プロジェクトを率いる同博物館人類史研究グループ長の海部陽介氏は「苦渋の決断だった。(人力で)西表島にたどり着くという目的は達成できなかったが、学んだことは多い。この結果を踏まえて次に生かしたい」と話した。

 17日午前7時ごろ与那国島を出航した草舟は、潮流で北へ流され続け、同島の北東約30キロ地点で人力を断念。伴走船がけん引した。針路を修正したが、海況が悪く夜間航行もあきらめた。全行程の半分以上を伴走船がけん引したという。

 旧石器時代の台湾からの渡来を再現する実験航海の第1弾。島に自生する植物ヒメガマを束ね手作りした長さ約6.5メートル、幅約1.5メートルの舟2隻に、与那国島や西表島在住の20~40代の14人が分乗。機器に頼らず航海に挑んでいた。