県内のほとんどの公立学校で21日から、夏休みが始まる。3学期制の南風原町立津嘉山小学校では20日、1学期の終業式があった。2年生の金城善士君(8)は、児童を代表して1学期の感想を発表。「忘れ物をあまりしなかったのがよかった。2学期は運動会のかけっこで一番になりたいので走る練習をしたい」と話した。

初めてもらう「よい子のあゆみ」を受け取り、元気いっぱいの児童=20日午前10時37分、南風原町・津嘉山小学校

 1年生は担任の先生から初めての「よい子のあゆみ」を受け取った。城間小雪さん(6)は「よくできるが17個あった」と喜んでいた。