米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民らは21日早朝から東村高江のN1ゲート前に座り込み、警戒を続けた。県道70号沿いは市民の車両と、練馬ナンバーを含む警察車両の縦列駐車で埋まった。

座り込みを続ける市民らに、全国から届いた支援物資=21日午前10時すぎ、東村高江の北部訓練場N1ゲート前

 午前10時すぎには軽トラック1台分の食料や水など、全国からの支援物資が配達された。また、午前11時前には中部地区の56人を乗せた「島ぐるみ会議」のバスが到着し、拍手で出迎えられた。

 沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんは早朝集会で「明日になればこの出入り口は実質封鎖状態になる。1人でも多く今晩のうちから泊まり込んでほしい」と呼び掛けた。