辺野古への新基地建設は再び裁判闘争に入る。司法の場で決着を図ることで、早期の工事再開を目指したい政府。県は過去の選挙で繰り返し示された「民意」を後ろ盾に、なぜ「辺野古が唯一」なのかをただす。ただ判決が出ても「円満解決」となる見通しは立っていない。