沖縄タイムスふるさと元気応援企画「まるごと今帰仁 観光・物産と芸能フェア」(主催・今帰仁村、今帰仁村商工会、沖縄タイムス社)が22日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。24日まで。

今帰仁村の特産品を買い求める人たちでにぎわう展示即売会場=22日午前、那覇市久茂地・タイムスビル1階エントランス

 オープニングセレモニーで、同村の與那嶺幸人村長が「スイカ、マンゴー、ゴーヤー、今帰仁村の魅力、元気を感じてほしい」とあいさつ。テープカットの代わりに〝スイカカット〟で幕を開けた。

 会場では、マンゴーやシークヮーサーを使ったジェラート、ヤギ汁やアグーギョーザなどの出店のほか、採れたての果物や布製品など今帰仁村の特産品が販売されている。

 浦添市の喜久村妙子さん(65)は「今帰仁産のスイカはとても甘くておいしい。ハチミツも購入した」と笑顔で話した。

 23日は郷友会などによる民俗芸能公演があり、24日は現代版組踊「北山の風 今帰仁城風雲録」が上演される。