17日、大きなイベントが開催される週末の北部を避けて、久しぶりに泡瀬一文字に渡った嘉陽常光さん。午後5時、通称1ポイントに釣座を構え3人で6本の竿(さお)を用意。仕掛けを投げ込む内海側の水深は5メートル。根掛かりの多い場所なので捨てオモリ方式でイカの餌を遠投した。 日付が変わる直前にサメがヒット。