【解説】国は県との満足な協議を経ず、新基地建設を強行しようと再び訴訟に打って出た。主張は代執行訴訟とほぼ同じで、仲井真弘多前知事の埋め立て承認処分が適法だと訴える。今後「翁長雄志知事の取り消しは違法」とする国側の法解釈を裁判所がどういう基準で判断するかが注目される。