沖縄タイムスふるさと元気応援企画「まるごと今帰仁 観光・物産と芸能フェア」は最終日の24日、那覇市久茂地のタイムスビルで物産フェアや現代版組踊「北山の風 今帰仁城風雲録」の上演があった。

躍動感あふれる舞台を繰り広げた現代版組踊「北山の風 今帰仁城風雲録」=24日、那覇市久茂地・タイムスホール(長崎健一撮影)

 15世紀の三山時代終わりごろに起きた今帰仁城落城をテーマに、王子が父の敵を討つ物語を北部の小中高生らが熱演。随所に踊りを取り入れた華やかな舞台に、満席の会場から盛んに拍手が送られた。

 出演している友人を見に来た首里東高校3年の瀬長佑太さん(18)=西原町=は「現代版組踊は地域で起きた出来事を伝える新しい方法」と感心した様子。「再会した知人が父の敵であることに葛藤する王子の姿が印象に残った」と話した。