太平洋高気圧の影響で、沖縄県先島諸島付近の6月の平均海面水温が約29・8度となり、1982年の観測開始以来最高を記録していたことが25日、気象庁の調べで分かった。連日の日射で、集計中の7月も平年値を2度近く上回り、31度に迫る勢いという。