福岡市内で開かれている全国知事会(会長・山田啓二京都府知事)は29日、沖縄の基地負担軽減を協議する研究会を立ち上げることを全会一致で決めた。全国知事会内に沖縄の米軍基地について話し合う場が設けられるのは初めて。

全国知事会で米軍基地負担の軽減を訴える翁長雄志知事=29日、福岡市中央区

 翁長雄志知事は、米軍基地を巡る沖縄の現状を説明。名護市辺野古の新基地建設については、反対する県民の意思が県議選や参院選などで繰り返し示されながら政府は一顧だにしないとして、「基地問題は一都道府県の問題ではなく、日本の民主主義と地方自治が問われている。わがこととして真剣に考えてほしい」と訴えた。

 神奈川、埼玉、滋賀などの各県からも賛同する意見が述べられた。

 研究会メンバーや初回会合の日程などは今後検討する。