【石垣】石垣島富崎灯台付近で5月24日、エリグロアジサシの飛来が見られた=写真。暑さが本格化するころに飛来する。目から後頭部へ黒い帯の模様がある白いアジサシ。26日は3羽が近くの洋上を「キッ、キッ」という高い声で鳴きながら飛び去り、八重山の海に夏本番を告げた。

 チドリ目カモメ科アジサシ属の野鳥で、体長は30センチから32センチほど。ミジュンなどの魚の群れを追って陸に接近し、その近くの安全な岩場に営巣する。29日は2羽が近くの岩に止まったり、洋上へ餌を捕りに舞い上がったり、仲良く並んだりと営巣の雰囲気が岩場にあふれた。

 多数群れていれば営巣地は近いと見ていい。ただ営巣する岩場が陸に近ければ、カラスが巣を襲うこともある。人が近づくと繁殖途中で営巣地を放棄する場合もあり、岩場では南から飛来する野鳥に気を付けてほしいところだ。(奥沢秀一通信員)