豆腐製造・販売のハドムフードサービス(那覇市、赤嶺英一代表)はこのほど、賞味期限が常温で60日間の長期保存ができるジーマーミ豆腐「403(よんまるさん)とうふ」を発売した。通常は冷蔵で1~2週間の賞味期限を、レトルト(加圧加熱)殺菌により延ばした。赤嶺代表は「常温保存だと多様なニーズに応えられる。郷土料理のジーマーミ豆腐のマーケット拡大が目指せる」とアピールした。

ハドムフードサービスが発売した「4”03(よんまるさん)とうふ」

 同社は3年前にジーマーミ豆腐の製造に特化。月産15万パックのうち7割が県外への出荷分で、新商品は県外の卸業者からの「もっと賞味期限を延ばせないか」との要望に応えたものだという。

 赤嶺代表は「ピーナツの濃厚さが好評だった従来品の味はそのまま。この商品をきっかけに業務用やお土産としての需要を高めたい」とした。

 1個63グラム、4個入りで価格はオープン。那覇空港や県内の土産品店で販売している。問い合わせは同社、電話098(987)0521。