6月の有効求人倍率が復帰後初の1倍を突破し、47都道府県全ての有効求人倍率が1倍を超えた。外国人観光客数の増加に伴い、観光業を中心とした景気の好調さが要因の一つとなっているが、観光関連や福祉など一部の業界からは人手不足を訴える声も上がっている。加えて、雇用の質の改善において課題はいまだ山積みだ。