【嘉手納】第98回全国高校野球選手権大会に県代表として初出場する嘉手納高校野球部の壮行会が31日夕、嘉手納町のかでな文化センターで行われ、同町や読谷村などから多くの人たちが激励に集まった。

沖縄県大会優勝旗を持つ大石哲汰主将(左端)を先頭に壮行会に臨む嘉手納高校野球部の選手ら=31日午後6時5分ごろ、嘉手納町・かでな文化センター

 会では甲子園に送る会の花城勝男会長(元同校PTA会長)が「夏の甲子園で初の1勝、さらに初出場初優勝を目指し、嘉手納旋風を起こせれば」と激励。また地域や県民らの物心両面での支援を求めた。

 野球部の大石哲汰主将は「激戦の県予選を勝ち抜いたのは大きな自信になった。一戦一戦、大切に戦い抜きたい」と甲子園での活躍を誓った。

 選手らは8月1日に甲子園へ出発する。組み合わせ抽選は4日に行われる。