ハンドボールの第29回全国小学生大会最終日は7月31日、京都府の田辺中央体育館で男女の決勝を行い、女子決勝で浦城小HBCが小松ジュニアHBC(石川)を22-14で下し、5年ぶり2度目の全国優勝を果たした。県勢の小学生女子の優勝は7度目。男子の神森小HBCは3位だった。

女子の部で優勝した浦城(提供)

 浦城小は準決勝で地元の薪小HBC(京都)と対戦。14-9で退け、決勝に進出した。

 小松ジュニアとの決勝では高さとスピードのある攻撃で22得点を挙げた。守ってはGK仲西香翔が好セーブを連発。頂点に上り詰めた。

 チームは1日夜、関西空港から那覇空港に到着。保護者、関係者から祝福を受けた。