名護市辺野古沖を潜る木下紗佑里さん=1日(ヘリ基地反対協ダイビングチーム・レインボー提供)

 【名護】素潜りの世界記録を持つフリーダイバーの木下紗佑里さん(27)が1日、名護市辺野古沖の新基地建設予定海域周辺を潜った。基地建設について「穏やかで優しい海。単純にもったいない」と話した。

 ことしカリブ海のバハマで開かれた国際大会で、足ひれを付けず水深72メートルまで潜り、女子世界記録を打ち立てた。日ごろ恩納村の真栄田岬を中心に練習していて、本島東海岸の海はこの日が初めてだった。「魚もサンゴもいっぱいで、透明度が高い。すごくきれいだった」と語った。

名護市辺野古沖を潜る木下紗佑里さん=1日(ヘリ基地反対協ダイビングチーム・レインボー提供)