店への道は細い山道。間違っていないかと途中不安かもしれないがともかく進もう。着いたらそこには太平洋を望む絶景と野菜たっぷりの料理、そしてゆったりした時間の流れが待っている。

オリジナル野菜のプレート。蒸したり焼いたりした野菜を3種類のソースで楽しむ

「花鳥風月」を切り盛りする三村哲朗さん(左端)と家族=中城村奥間

オリジナル野菜のプレート。蒸したり焼いたりした野菜を3種類のソースで楽しむ 「花鳥風月」を切り盛りする三村哲朗さん(左端)と家族=中城村奥間

 シェフは東京出身の三村哲朗さん(41)。せかせかした都会暮らしに疲れ、20代のころ旅行した沖縄の青い空と海が忘れられずに石垣出身の妻・茉倫(まりん)さん(31)ら家族と3年前に移住。「地産地消」「医食同源」を掲げるユインチホテルでの修業を経て昨年9月に店を構えた。「沖縄は食材が独特で豊富。特に野菜は味が濃い気がする」。そんな沖縄で添加物や塩分、油分など気にせずリラックスして食べられる料理を出したかった。

 三村さんのお薦めはオリジナル野菜のプレート(千円)。蒸しパン以外は蒸したり焼いたりした野菜づくしで「野菜は苦手」という人でもその味わい深さには驚くはずだ。野菜以外にも肉、魚のプレートもあるがどれもたっぷり野菜のほか味付けに野菜ベースのソース、さらに自家製のハーブドレッシングで味わうサラダバーも付いている。食べる人は栄養バランスなど気にしなくていい。

 手軽に昼食をというなら日替わりランチ(500円)。店は観光農園内にあるので季節に応じた取れたての野菜や果物を使った蒸しパン、蒸しケーキ(300円から)を頬張るのもいい。「もう少ししたらバナナの季節」と今から楽しみだそうだ。

 「僕自身こってりした料理が苦手。自分でも食べたくなるような、心も体もデトックスできる料理をこれからも出していきたい」と話す三村さん。店が軌道に乗れば、ストレスなく食べられ体にもいい料理を地域の人たちに広める教室を開いてみたいな、と夢を語ってくれた。(中部報道部・前田高敬)

 【お店データ】中城村奥間652、観光農園「長楽苑」内にある。営業時間は昼が午前11時~午後3時、夜は予約制。月曜定休(祝日は営業)。電話090(6344)2093。