島の名物「伊良部そば」を広めたい-。宮古島市伊良部長浜の集落にある古民家風の内装の店内は、優しい時間が流れ、くつろぐにはもってこい。コシがあるのに、もちもち感が癖になる自家製手打ち麺があっさりのだしにからむ。

香り豊かなカツオのなまり節が入った伊良部そば

昔ながらの雰囲気を醸し出す店内で自家製手打ちめんのそばを提供する安仁屋さん=宮古島市伊良部長浜

香り豊かなカツオのなまり節が入った伊良部そば 昔ながらの雰囲気を醸し出す店内で自家製手打ちめんのそばを提供する安仁屋さん=宮古島市伊良部長浜

 人気は島特産のカツオのなまり節、骨付き肉が入った「伊良部そば」(580円)と、手作りのゆし豆腐と軟骨ソーキ、三枚肉がぜいたくな「かめそば」(650円)。伊良部そばは、だしにもなまり節を使い、風味が一味変わる。ご飯ものや小鉢などが付いたセット(プラス250円)のほか、佐良浜港で取れた新鮮なマグロのにぎりずしもある。

 店主の安仁屋政之さん(33)は那覇市出身。妻の夏貴さん(32)の父で伊良部出身の佐和田博光さん(57)の実家を改装した。義理の祖母のカメ子さんが亡くなり、数年間空き家だったが、1年4カ月前、那覇市で飲食関係の企業に勤めていた安仁屋さんが、この場所での独立を決めた。

 改装中だったころ、夜に親族が集まり晩酌していると、玄関口で「カサカサカサ…」と物音がした。辺りを探ると、1匹のリクガメ。「おばぁも開店を喜んでくれるのかな」。店名を「かめ」にすることに決めた。玄関口の表札「佐和田恵正 カメ子」もそのままにしてある。

 安仁屋さんは6月にも製麺所を開き、「伊良部そば」をブランド化、島外にも広げたいという。1月末に伊良部大橋が開通し、口コミなどで店の人気も広まりつつある。

 「昔ながらの場所で、島のここでしか食べることができない、こだわりの味を提供し続けたい」と安仁屋さん。伊良部そばのさらなる認知度アップを目指し、厨房(ちゅうぼう)に立つ。(宮古支局・新垣亮)