南城市内最後の公立保育所の民営化をめぐり市が7月19~22日に開いた「意見交換会」では、公立としての存続を求める市民と合意が得られず、話し合いは平行線のままだ。「住民の声を施策に反映させたい」とする市は8月中にも園の保護者説明会、市立保育所民営化推進委員会を開き手続きを進める考え。