気象庁によると、4日午後3時、マリアナ諸島にあった熱帯低気圧が台風5号になった。台風は、ゆっくりした速さで北に進んでいる。台風は今後、日本の南の海上を北上し、関東から東北地方に接近する恐れがある。
 中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の東側520キロ以内と西側370キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【沖縄タイムス+プラス】