【東京】稲田朋美防衛相は4日、防衛省で報道各社の共同インタビューに応じ、新基地建設について、辺野古が唯一の解決策としつつ「問題の本質は普天間飛行場が世界一危険な飛行場といわれ、市のど真ん中にあるということ。しっかりと知事や県民に説明する必要がある。スケジュールはまだ検討しているわけではないが、(沖縄に行く)必要があると考えている」と述べた。

抱負を語る稲田朋美新防衛相=4日、防衛省

 さらに「地理的な優位性を有する沖縄に優れた機動性や即応性を持ち、幅広い任務に対応可能な海兵隊が駐留することは、日米同盟の抑止力を構成する上で大変重要な要素。わが国の平和と安全を確保する上で必要な物だ」と従来通りの説明をした。

 東村高江のヘリパッド建設については「約4千ヘクタールを返還する。移設工事は、反対する人が車両の駐車、テントなどの設置で妨害行為が繰り返し行われて円滑な実施が阻害されてきた。現時点で返還時期について余談を持って答えることは適切でない」と答えた。

 日米地位協定については、軍属の範囲の明確化について7月に日米共同発表をしたとし「さまざまな意見がある。引き続き、日米地位協定のあるべき姿を追求して国民の理解が得られるよう最大限努力をしたい」と語った。