【東京】鶴保庸介沖縄担当相は4日、内閣府で就任会見を開き、沖縄の振興策と基地問題は「確実にリンクしている」と述べ、リンク論を容認する考えを示した。鶴保氏は「沖縄振興というなかで、沖縄の大変な割合を占める基地問題、それに関心のある県民感情、歴史的経緯で基地というものは避けて通れないだろう。そういう大きな意味では振興策と基地問題は確実にリンクしていると思う」と述べた。

就任会見で沖縄振興と基地問題は「確実にリンクする」との考えを示した鶴保庸介沖縄担当相=4日、内閣府

 その上で、沖縄関係予算について「振興額には技術的な算定や地元の予算消化のこともある」として、予算消化できない場合の減額は当然のことだとの認識を示した。

 また、親交があったという国際政治学者の若泉敬氏の「沖縄県民の苦しみに全国民が寄り添うことができないのは、政治としておかしい」との言葉を紹介。「志を継いであげたいとの思いがある。沖縄振興を第一義的に考え、ありとあらゆる手段を尽くしたい」と意欲を示した。