石垣島からフェリーで約15分。人口約220人の黒島には、3000頭以上の牛がいます。人口の約13倍! 普段は島民と牛でゆったりと時間が流れる島ですが、毎年2月の第4日曜日には島内外から約4000人もの人が訪れる大人気イベントがあります。それが「牛まつり」です。“闘牛女子”として県外の闘牛大会は、時々見に行きますが、黒島の「牛まつり」には行ったことがありません。なぜ、そんなに人が集まるのでしょうか。秘訣(ひけつ)を探るため、“牛の島”に向かいました。

空から見た黒島(写真AC)
 

■お得すぎる「セット券」

 「牛まつり」に参加するために購入したのは、フェリーの往復チケット、牛が当たる抽選券、牛汁の食事券が入った「セット券」。これで2900円(子どもは1900円)です。 さらには限定タオルまで付いてきます。通常、石垣と黒島のフェリー往復で2190円なので、食事代なども入っていると考えればお得感あり。沖縄本島の闘牛大会でチケットの販売はないので、是非取り入れたいサービスです。道中の港には観光客でいっぱいで、フェリーも臨時便で対応していました。

 黒島に着いて目に飛び込んできたのは牧草ロールにペイントされた牛祭りの看板! 

 

 牧草ロールとは、牛のえさの牧草をバームクーヘンのようにぐるぐる巻きにした、直径1.5メートル、30キロある牛のごちそうです。牧草ロールを活用するナイスアイデアは、手作りのお祭りならでは。実物大の和牛の模型もドーンと置かれ、インパクト大。記念写真を撮る人が絶えないほど、すごい存在感です。

 港を出ると民謡が聞こえてきました。島のおいしい空気を吸いながら、会場に向かいます。しかし、沖縄本島の闘牛大会ではなかなか見かけないピンヒールを履いた若い女性やスーツのサラリーマンたちが会場に向かって歩いています。子ども連れも多く、「みんな、こんなに牛が好きなんだ」と感心していましたが、なぜこんなに人が集まるのか、謎はすぐに解けました。

 

■参加者を巻き込んだ圧倒的な企画力

 会場に着くとすでに大盛り上がり。

 屋台がずらりと並び、次々とイベントプログラムが進んでいきます。このプログラムが圧巻でした。ライブにエイサー、角力大会、絵本の読み聞かせ、牛の体重当てゲーム、牧草ロールを大玉のように転がす「牧草ロール転がし」、牛まつり図画コン表彰式・・・。

 

  サブ会場では、牛の爪きり「削蹄」の見学会をはじめ、黒島で一頭だけのジャージー牛や子牛、子ヤギ、子豚への草やり体験・・・。牛好きなお父さんだけでなく、女性や子供たちも楽しめる企画がめじろ押し。飛び入り参加もできるので、子どもも飽きずに1日中、牛を楽しめます。

 
 

 おなかがすけば、セット券に付いていた「牛汁の食事券」と牛汁を屋台で交換。牛肉、ニンジン、大根、葉野菜がどんぶりに並々と入っています。豪華で栄養バランスもバッチリ。一杯でおなかいっぱいです。屋台には、ビールに牛汁、ステーキ、ぜんざい、肉巻きおにぎり、サーターアンダギー、島で採れたアーサも並んでいました。

 

 リピーターはブルーシートを持参していました。(次回は私も持って行こう。)お土産に、牛まつり限定のタオルやTシャツを買い込んで、いい気分。しかし、目玉はまつりの終盤に行われる豪華抽選会だったんです。

■牛一頭が当たる豪華抽選会

 抽選会の景品は、ビール、乗船券、航空券、リゾートホテル宿泊券、牛ヒレ肉やモモ肉など豪華で、一番の目玉は1等の牛まるごと1頭プレゼント。

 

  みんな目をキラキラさせながら番号が呼ばれるのを待っています。「もしかしたら、番号が呼ばれるかもしれない」というドキドキ感が、参加者から伝わってきます。くじ運の悪い私も何か当たらないかなぁと思って、ふと時計を見ると、もう午後4時半を回っています。最終のフェリーが島を出るのは午後5時。逃すと沖縄本島行きの飛行機に間に合いません。絶対に乗らなければならないのに、1等の発表がまだ。諦めて港に向かう人もちらほら。しかし、私は最後まで諦めきれません(笑)。

 「牛が当たったら、牛を連れて船に乗るのかなぁ?」

 そんな思いを巡らせながら発表を待ちました。

 いよいよ、最後の番号。読み上がった瞬間、大歓声と共に港に走る大勢の人、人、人! 人の波に乗って私も猛ダッシュ。やっとフェリー乗り場に着くと、長蛇の列で、港はまつりの参加者でごった返していました。最後の最後までまつりを堪能したいと思う人たちの熱気に感激しつつ、牛好きの人たちがこんなにいるのかと再認識。もっと沖縄本島の闘牛大会に来てもらいたいとの思いも強くなっていきました。

 

■沖縄本島の闘牛大会とここが違う

 どうしてこんなにもたくさんの人が集まるのでしょうか。

 一つは、開催する日程が毎年固定化されていることにあると思います。毎年2月の第4日曜日開催なので、イベントに一度参加したことがある人がまた行きたいと思えば、予定を立てやすく、リピーターになりやすいわけです。一方で沖縄本島の闘牛大会は日程がころころ変わってしまいます。開催予定だった大会が中止になったり、延期なったり、時間の変更があったり・・・。宣伝もしにくい状況です。もちろん、闘牛のコンディションにもよるので、全ての大会を固定化するわけにはいきませんが、吟味の余地はあると考えています。

 家族連れの多さも目を引きました。沖縄本島の闘牛場ではなかなか見られない光景です。本島は闘牛がメーンで、牛まつりのように子どもや女性向けのイベントや取り組みはほとんどなく、リピーターは闘牛に触れてきた地元の男性ばかり。幅広い層へのアピールは足りず、なかなか集客ができていません。

 そして、牛祭りでしか堪能できないグルメの数々。私も胃袋をガッツリつかまれました。ゆったりと流れる時間、黒島のすがすがしい空気の中、ビール片手においしい食事を味わえるのは、牛まつりの大きな魅力です。「ここでしか味わえない」という特別感は、なかなか本島のイベントにはありません。

 課題にたくさん気づかせてくれた黒島の牛まつり。

 写真が撮れる時間やスペース、牛くんと触れ合える場所や環境も作ると闘牛を初めて見てくれるお客様も楽しめるかなぁ。

 あぁ、「闘牛女子」として女性ファンや家族連れの皆さんを引き込みたい! みんなが楽しめるような企画作りをしてきたいと考えているので、ぜひ、お楽しみに。 

 


今後の闘牛大会のお知らせ

8月14日 日曜日
『夏の全島闘牛大会』
午後1時~ うるま市石川多目的ドーム闘牛場
入場料 男性3000円 女性2000円

9月11日 日曜日
『中部地区老人クラブ連合会50周年記念大闘牛大会』
午後1時~ うるま市石川多目的ドーム闘牛場
入場料 男性3000円 女性2000円

10月2日 日曜日
『ゴヤ大闘牛大会(仮タイトル)』
午後1時~ うるま市石川多目的ドーム闘牛場
入場料 男性3000円 女性2000円