辺野古違法確認訴訟の第1回口頭弁論で国は埋め立て承認の適法性を、県は承認取り消しの適法性を主張し、激しく意見が交わされた。裁判所がどちらの主張を採用するかが焦点だ。