総合商社の新垣通商(那覇市、新垣旬子社長)が伊是名村に海ブドウの養殖場を設立し、生産拡大に取り組んでいる。海ブドウは県外で人気が出て、需要に生産が追い付いていない状況。供給不足に手を打って機会損失をなくし、さらなる需要増につなげる狙いがある。伊是名漁協が運営を受託した。