7月29日、慶良間の奥武島6番に渡った亀島貴寛さんは、フカセ釣りで浮いてくるチヌマンなどの魚を狙うが、潮が思うように動かず釣果が伸びない。 午前8時30分、水深5メートルある足元に張り出した岩場の際まで大型のガーラ(ロウニンアジ)が寄っているのを確認。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。