台風5号の6日午後3時40分の気象衛星ひまわり8号の画像(NICTひまわり8号リアルタイムWebのサイトから)

 気象庁によると大型の台風5号は6日午後3時現在、暴風域を伴いながら小笠原近海を時速約15キロで北に進んでいる。今後は発達しながら北上し、日本の東海上へ進むとみられている。
 台風の中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の東側650キロ以内と西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。