タイムス女性倶楽部の第40期第4回講演会が6日、宜野湾市のラグナガーデンホテルで開かれ、経済ジャーナリストの荻原博子さんが「荻原式 知ってトクするお金との付き合い方」をテーマに講演した。

無駄な買い物をしないお金の上手な使い方を講演する荻原博子さん=6日、宜野湾市・ラグナガーデンホテル

 「借金減らして、現金増やそう」と会場に呼び掛けた荻原さんは、生命保険の仕組みを知ることや携帯電話の料金見直しの必要性を指摘。荻原式の節約術では、無駄な出費を防ぐ買い物の仕方や家計簿の付け方も紹介した。

 スーパーで買い物する際のこつとして「事前に冷蔵庫の中身をスマートフォンのカメラで撮影しておけば、写真を見ながら無駄な出費が防げる」と説明した。

 家計簿については「1年間付けることが難しい人は1カ月だけ付けて、それを12倍すればいい。それでも難しい人は、ノートにレシートを貼り付けるだけでいい」と紹介。「自分に合った方法で最終的に家計を把握できる。めりはりを付けてお金を使うことが大事だ」と呼び掛けた。