沖縄科学技術大学院大学(OIST)と県水産海洋技術センターがオキナワモズクのゲノム(全遺伝情報)解読に初成功したことで9日、県内の漁業者や、健康機能があるとされる成分「フコイダン」の加工業者からは、安定生産を助ける新品種の開発の進展に期待する声が上がった。